トップページへ トップページ 医院情報
初めてご来院の方へ
当院のこだわり
治療について
歯の豆知識
携帯サイト
携帯サイト
歯列不正
歯並びの影響は見た目だけじゃない
「歯並び」といえば、「見た目」の問題が気になりやすいですが、実は、歯並びが悪いと身体にも様々な悪影響が出てきます。

「見た目はあまり気にしない」という方も歯並びの不正には十分な注意が必要です。例えば「歯並び」が悪いと、こんな問題を引き起こします。
こんなことの原因にも…!

  • プラークが落としにくく「むし歯」「歯周病」になりやすい
  • しっかり噛めなくなる (消化不良で胃腸の調子が悪くなりやすい)
  • あごの筋肉のバランスが崩れる (頭痛、首、肩、背中、腰の痛みなどを引き起こす)
  • 骨格がゆがんでしまう
主な歯列不正の種類と治療法
歯が重なりあって生えている状態です。主な原因はあごが小さいため、歯が生えるスペースが足りないことが挙げられます。早期に治療することが望ましいです。
上あごが下あごより前に出ている状態です。いわゆる「出っ歯」と言われる状態です。上の歯が悪いと思われがちですが、下顎が奥に入ってしまっていることが原因であることがあります。口がいつも開いている、頬杖など下顎を押す癖がある、なども原因として考えられます。
下あごが上あごより前に出ている状態です。反対咬合ともいいます。顔貌に大きく影響しますので、なるべく早期に治すことが重要です。重度の場合には外科手術を行う場合もあります。
開咬 奥歯だけがかみ合って、前歯がかみ合わず開いてしまっている状態です。指を吸う癖や歯と歯の間から舌を出すなどの悪習癖が原因の事が多く、装置を使っての矯正治療の他に、悪い癖を直すことも大切です。
治療中苦しくなったら 皆さんの知りたいにこたえます 診療方針 4つの安心